効率の良い授業のためには、学力のレベルによるクラス分けは必須

理解度に合った授業が出来る!

同じ塾に通っていても、生徒一人一人の学力のレベルは異なります。例えば、様々な学力のレベルの生徒が集まった英語のクラスに、Aさんと、Bさんが一緒に勉強をしているとします。Aさんは英語が得意なため、授業内で出される問題を簡単に解くことが出来ました。一方で、Bさんは英語が苦手なため、なかなか問題に答えることが出来ず、授業に追いつけません。これでは両者にとって、悪い学習環境と言えます。何故なら、Aさんはもっと難しい問題を解いて英語の能力を高めるべきですし、Bさんは基礎の部分をしっかりと学ぶ必要があるからです。

ですが、学力のレベル別のクラスで学べば、理解度が視覚化されるため、講師側は生徒たちのニーズに合った授業をすることが出来ます。つまり効率的に学習能力を高められることに繋がるのです。

目標を立てて学習が出来る!

学力のレベル別のクラスは、生徒間の学力の差が浮き彫りになるため、差別的なのではないかというマイナスな声が上がる可能性があります。ですが、この差によって、生徒は目標を立てて主体的に勉強を進められるのです。例えば同じ塾に数学の応用クラスと、基礎クラスがあるとします。応用クラスの生徒は、優秀な生徒が自分の周りに集まることで競争心が高まって、より数学の能力を高めようという意識を持つでしょう。また基礎クラスの生徒は、自分たちより上のクラスである応用クラスで学ぶことが出来るようになりたいと思い、勉強に励む可能性があります。

このように、学力のレベル別のクラスによって生まれる差は、生徒一人一人が目標を持って、主体的に学ぶことを進める効果があります。つまり受動的な勉強のスタイルにならないため、より効率的に学びの力を身につけることが出来るのです。