つまずいているところに戻って教えてくれるのか

ちゃんと苦手な部分やわかっていない部分も戻って教えてくれる

個別指導塾では講師が生徒に付きっきりで勉強を教える形であり、授業のペースも生徒の学習度合いをベースに決めていくので、当然生徒の学習が遅れている場合も戻って教えてくれます。定期的に行うチェックテストによって生徒の苦手分野や得意分野、理解度を確かめて、長所はより楽しく伸びるように勉強方法を考えますし、苦手分野はより本人の苦手分野に対する敷居が下がるように方法を考えていきます。基本的には苦手意識の克服の方により力を入れる傾向があるため、学校の授業についていけない時などに個別指導塾で苦手意識を克服し、また学校のペースに戻れるようにするという進め方が効果的でしょう。生徒個人個人で苦手意識を克服できるまでの期間は異なるため、可能であれば早めに塾へ入れた方が苦手意識の克服も解消しやすいです。

生徒専用のカリキュラムを組むので最高効率での授業が可能

個別指導塾が生徒の躓いてる部分の解消に最適なのは、集団指導塾や学校の授業と違って指導内容や方法をその生徒の適正に合わせたオーダーメイドの方法で行えるのが理由です。本来授業はできるだけ多くの生徒が効率良く学べるように、汎用的な勉強方法を採用します。しかし子供にも個性があるのでそれぞれ最適な方法や、また逆にまったく合わない方法なども異なってきます。もし子供の性格上、学校の授業や集団指導塾が最も勉強を進めづらい環境だった場合、個別指導塾に入れることで飛躍的に学習効率が上がることもあります。自分の子供がなかなか学校の授業についていけない時は、頭が悪いのではなく個性と授業方法の相性が悪い可能性があるので、一度は個別指導塾で授業を受けさせてみた方が良いでしょう。